弁護士によるご相続相談

ImgLH1.jpg
  • HOME
  • 事務所の特徴
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • 相続の流れ
  • アクセス
  • お問合わせ
  • HOME
  • 解決事例
  • 相続人の一人が被相続人の療養看護に尽くしてきた場合に療養看護をしてきた相続人が他の相続人から相続分譲渡を受けることにより、実質的に寄与分が認められたとき以上の財産を取得することができた事例

実質的に寄与分が認められたとき以上の財産を取得することができた事例

 

依頼者は、被相続人の療養看護に尽くしてきており、本来であれば寄与相当額を遺産から除外して残りを遺産分割の対象とする必要がありますが、寄与分の確定は簡単ではないことから、相続分の譲渡を受ける方法を考えました。

 

他の相続人に対し、療養看護を尽くしてきた相続人と被相続人との関係を説明し、理解をして頂いた相続人から相続分譲渡を受けることができました。これにより、寄与分の確定についての困難さを回避し、依頼者も納得のいく財産を取得して頂くことができました。



ImgTop9.jpg

相談の流れ

 

事務所紹介

弁護士紹介

相談の流れ

アクセス

お問い合わせ 


Copyright (C) 福間法律事務所 All Rights Reserved.
所長 弁護士福間則博(兵庫県弁護士会所属)
〒665-0845 兵庫県宝塚市栄町2丁目2番1号ソリオ3(5F) TEL:0797-87-5606 FAX:0797-87-7160