弁護士によるご相続相談

ImgLH1.jpg
  • HOME
  • 事務所の特徴
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • 相続の流れ
  • アクセス
  • お問合わせ
  • HOME
  • 弁護士紹介

弁護士紹介

head.png

fhdj.png

 

kawai.png

福間則博


head.png
 

 

経歴

昭和55年 大阪大学法学部卒業(卒業式 法学部代表)
昭和61年 司法試験合格(最終口述試験成績 11番)(平成29年10月07日ブログ参照)
平成元年  弁護士登録(兵庫県弁護士会)
平成7年  福間法律事務所開設

 

役職

民事調停委員(平成12年~)
家事調停委員(平成12年~)
宝塚市公平委員会委員(平成14年~平成22年)
宝塚警察署協議会会長(平成19年~平成23年)
関西学院大学 商学部非常勤講師(平成17年~平成23年)
関西学院大学 法学部非常勤講師(平成19年~平成24年)
公益財団法人宝塚市文化財団 監事(平成14年~)
特定非営利活動法人宝塚NPOセンター 監事(平成11年~平成29年)

 

著書・論文

旅行トラブルQ&A(旧版、共著)
「銀行の営業譲渡における法的処理-実例紹介」(金融法務事情1510・1511号、共著)

 

挨拶


弁護士 福間則博


私は、平成元年に弁護士登録をし、平成7年に福間法律事務所を開設し、これまで実に多くの案件を取り扱ってまいりました。その内容は、不動産訴訟、損害賠償請求、相続、離婚、破産など多種多様であり、これらの案件の解決により依頼者の方々に喜んでいただけたとしたら、これに勝る喜びはありません。

法律事務所に来られる方々は、トラブルに遭遇し、紛争を抱え、困惑したお気持ちでお越しになる方が多いのですが、事件のご依頼を受け、事件処理をしていく過程で依頼者の方々のお気持ちが少しずつ軽くなられ、明るさを取り戻されていくお姿を見るのは、弁護士として大きな喜びであります。

しかし、トラブルを解決していく過程は決して平坦ではなく、弁護士としては、多くの事実と資料を検討し、法律的問題点を調査し、それらを裁判所や相手方に伝えていく必要があります。これらの過程は多大な労力と時間を要するものですが、その処理の中に弁護士としてのやり甲斐を感ずるものであります。

弁護士として多忙な生活をしている中で、平成21年、裁判所より大型破産事件の破産管財人に選任され、大変な忙しさに見舞われました。既に多くの破産管財人事件を手がけておりましたが、その破産事件における事務処理は膨大かつ複雑であり、私の弁護士としての全ての知識・経験・ノウハウを投入して終了させ、一定の成果を収めることができ、大きな達成感を味わうことができました。

ただ、その事件の終了後ある種の虚脱感をおぼえたのも否定できないところでありました。そのような中、いろいろな人の考えを聞くようにしておりましたところ、ある会合で、困っている私に後ろから親切に声をかけて下さる方があり、私は嬉しくなって後ろを振り返ると、身体障害者の方でした。「虚脱感などに浸っている場合ではない。健常者である自分であれば、もっともっとやらねばならない」と思った瞬間でした。

私は、「皆様方に明るく豊かになって頂きたい、そのために法的サービスを提供する」という理念を掲げます。トラブルを抱え暗いお気持ちになっておられるとしたら、私たちは、皆様をサポートし、皆様方がトラブルを乗り越え、本来の明るい、穏やかなお気持ちになって頂けるよう活動します。

私はこれまでの弁護士生活を通じて多くの経験を積み、ノウハウを蓄積してまいりました。それらを皆さんに存分に利用して頂きたいと思います。そのために、初回50分の無料法律相談、弁護士費用の明確化・定額化、ホームページでのできるだけ多くの法律情報の提供をさせて頂きます。

私たちは、皆様方の人生を明るく豊かにするために必要な法的サービスを提供します。

img_01.jpg

尾崎 悠吾


fhdj.png

弁護士 尾崎 悠吾

経歴

平成15年 3月 大阪府立北野高校卒業
平成19年 3月 京都大学法学部卒業
平成21年 3月 京都大学法科大学院卒業
平成22年12月 司法修習修了(新第63期)、弁護士登録(兵庫県弁護士会)

私は、次のような弁護士でありたいと考えています。

  • 依頼者の方に共感する心を持ち、そのニーズを的確に把握する。
  • 紛争の解決又は予防に向けて丹念な調査を行い、事案に応じた最善の処理方法を熟慮し判断する。
  • 依頼者の方との間で、処理方針及び情報の共有化に努め、信頼関係を構築する。
  • 事件の大小に関わらず、真摯に事件処理を遂行する。
  • 常に謙虚に、法律の専門家として自己の研鑽に励む。

このようなことは弁護士として当然のことかもしれませんが、私は、依頼者の皆様方に喜んで頂けるように、これらをきちんと実践する弁護士でありたいと考えています。

川合 秋子


kawai.pngのサムネール画像

経歴

平成21年 3月 神戸大学法学部卒業
平成23年 3月 京都大学法科大学院卒業
平成25年 1月 弁護士登録(新第65期)
平成27年 12月 福間法律事務所入所

 

ご挨拶

初めまして、弁護士川合秋子と申します。平成25年1月に弁護士登録を行い、平成27年12月より福間法律事務所で執務しています。
 私は、人の生活に関わる仕事に就きたいと思い、弁護士を志しました。生活を支える大きな要素は、「仕事」と「家庭」だと考えています。
 「仕事」は、生活の経済面を支えています。仕事がなければ、あるいは、仕事をしてもお給料が入ってこなければ、生活は成り立ちません。お給料を払うためには、会社に売掛金が入ってくることが必要ですし、負債の整理が必要な場合もあります。ご依頼を受ける事件の一つ一つが、皆様の生活に影響しうるものだという自覚を忘れず、真摯に取り組んでまいります。
 「家庭」は、人の精神面を支えていることが多くあります。家庭のトラブルは、身近な人にはなかなか相談できず、一人で抱え込んでいる方が多くいらっしゃいます。皆様が話しやすい雰囲気を心がけながら、トラブルの解消に貢献できれば幸いです。

 



ImgTop9.jpg

相談の流れ

 

事務所紹介

弁護士紹介

相談の流れ

アクセス

お問い合わせ 


Copyright (C) 福間法律事務所 All Rights Reserved.
所長 弁護士福間則博(兵庫県弁護士会所属)
〒665-0845 兵庫県宝塚市栄町2丁目2番1号ソリオ3(5F) TEL:0797-87-5606 FAX:0797-87-7160